玉川学園駅前ファミリー歯科ブログ

2018.05.30更新

こんにちは、山中です。

歯医者さんの定期検診で歯のチェックの時、「C1」「C2」などといった言葉を聞いたことはありますか?

虫歯の進行度・症状を表していて、下記の表のように数字が大きいほど重症になります。

 

 虫歯進行

虫歯は放置していても治る可能性はとても低いですが、初期の段階であれば簡単な治療で終わるケースがほとんどです。
虫歯が悪化しないうちでの早期治療をおすすめします。

それではどういった部分が虫歯になりやすいのでしょうか。

 

◇◆虫歯になりやすいところは?◆◇

◎歯と歯の間(歯間)
歯ブラシがしにくい歯と歯の間はデンタルフロスや歯ブラシを使用して、汚れを取り除くようにしましょう。

◎奥歯
歯ブラシが届きにくい場所は、虫歯になる事が多いです。しっかりと磨けるようにブラッシングを行いましょう。

◎歯並びが悪い
歯並びがよくないと、そのための凹凸によって磨き残しが多くなります。
ブラッシング指導を受け、磨き残しが多い箇所を把握し、丁寧な歯磨きを心がけましょう。

◎古くなり隙間などがある詰め物の下

虫歯は、歯を削り詰め物やかぶせ物などをして、治療をすることがほとんどです。そのため、歯と治療をした境目には、汚れが溜まりやく、そこからまた虫歯になってしまうことがあります。
また、年月が経つほど、その境目には溝ができやすくなります。

 

症状が現れてからでは虫歯が進行してしまっていることも多く、治療に期間や回数を要したり、最後には抜歯しなければならなくなることもあります。
そうなる前に定期的に歯医者さんで検診を受け、なるべく早めに症状の進行を食い止めることが大切です。
一番大切なのはあくまでも歯みがきですが、まずは自分のお口の中の状態を知るということが重要です。

 メインテナンス

グラフでもわかるように早くから定期メンテナンスに行ってる人の方が将来的に多くの歯が残ることがわかっています。
虫歯予防だけではなく、ご自身の将来の歯の為にも、歯医者さんで定期的なメンテナンスおススメします☆

 

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科