玉川学園駅前ファミリー歯科ブログ

2018.06.05更新

こんにちは、山中です。
お子さまの歯の生えかわり、成長を感じる瞬間ですよね。
この時期の歯のお手入れとても重要です。

 

子どもの歯は6歳から12歳ごろにかけて「乳歯」から「永久歯」へと生えかわっていきます。
生えかわったばかりの永久歯は、表面が荒く汚れが付きやすいうえにエナメル質も未成熟で酸に弱いのが特徴です。
そのため歯垢などが付着していると虫歯になりやすくなります。
また歯並びが凸凹しやすいため、磨き残しも気になります。
成熟し安定した歯になるまで数年かかるといわれます。
その期間こそ、念入りに歯磨きをし、特に生えかわり期は、子どもが磨いた後、大人の方の仕上げ磨きを欠かさないようにしましょう。


【虫歯予防のポイント】
・食べた後の歯磨き習慣
・大人が行う、仕上げ歯磨き
・定期的にフッ素塗布をする

歯の生え方、歯並びで磨き方も変えましょう。

hamigaki

歯ブラシは鉛筆を持つように握って持つこと(ペングリップ)で、軽い力で磨くことができます。

小刻みに1~2本ずつ磨きましょう。

 

立たせみがき

 

またフッ素入り歯磨き粉や、フロスも活用しましょう。
もしどのようなタイプがいいのかわからない場合は、歯医者さんでご相談ください。
フッ素塗布、シーラントなどの予防処置、歯磨き指導、歯のクリーニングなど歯医者さんでの定期的なメンテナンスもぜひ利用しましょう。
永久歯をきちんとケアしてお子さまの歯を守りましょう☆

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科