玉川学園駅前ファミリー歯科ブログ

2018.02.26更新

こんにちは、山中です。

 

前々回「歯ぎしりについて」お話させて頂きました。
歯ぎしりや食いしばりから歯を守るイメージのあるマウスピース。
一方、最近では矯正にも使われはじめているのはご存じですか?

 

アメリカでは一般的なマウスピース矯正、日本でも着実に数は増えてきています。
マウスピース矯正とは、透明なプラスチック製の矯正器具を使用するので、目立つことがなく、矯正をしていることをあまり知られたくない人におすすめの方法です。
以前は比較的軽い症状の矯正や、ブラケット矯正(歯にワイヤーを固定して、その弾力で歯を移動する矯正法)の仕上げの段階で使われたりしていました。
近年はマウスピース矯正の開発が進み、マウスピースを主体とする歯列矯正治療がクローズアップされるようになりました。

 

◇◆マウスピース矯正のメリット◆◇

◎あまり目立たない

透明のマウスピースを歯に装着するマウスピース矯正なら、口を開けても目立たずそれほど気になりません。

◎取り外しが楽で衛生的

1日の装着時間は20時間以上が基本であり、食事中など少しの間は外しても問題ありません。

器具を外して歯磨きできるため、いつもどおりのケアが可能です。

 

◎金属アレルギーの心配がない


◎痛みが少ない


◎虫歯治療も並行できる

 

以前より身近な治療法となったマウスピース矯正、ゆっくり動かす治療なので、少し長めの治療期間になるかもしれませんが、あまり目立たないのとお子さんの成長とともに無理のない治療ができるところがメリットです。
食事以外はつけておくという場合や、長時間装着が必要な場合もありますので、歯医者さんと相談、カウンセリングを受け、一番よい方法を選択してください。
子供から大人までどなたも使用できますが、重度の場合は費用がかかることや、複雑な歯並びには対応が難しい、マウスピース矯正が向かないこともあるので事前によく確認する必要があります。

 

当院でもマウスピース矯正行っております。
現在のお悩みや矯正治療に関することなど、お気軽にご相談ください。

矯正についてカウンセリングを行っております。お待ちしております☆

マウスピース

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2018.02.22更新

こんにちは、山中です。
歯科治療の前には、レントゲン写真を撮影することが多いですよね。

なぜかというと…


歯科で行うX線検査は、歯の状態や歯の周囲の骨の状態を診断する上で重要な役割を果たします。

 

◇歯根の様子
歯の根っこの様子を知るためにレントゲンは欠かせません。
歯の根っこが炎症を起こしている場合は、腫れている部分や薬がきちんと注入できているかなどを確認します。
外からは見ることのできない「歯の内部の治療」にとって、レントゲンは欠かせない存在です。

 

◇虫歯の進行具合
一見、小さな黒い点であり小さな虫歯だと思っていたら、入り口は小さく、奥に入ると広く深くといったタイプの虫歯は子供に多くみられるパターンです。
治療前にレントゲンを撮ることで、虫歯の状態や進行具合を確認することができます。

 

◇骨の様子
歯は歯茎だけでなく、骨にも支えられていますが、歯周病が進むと顎の骨が溶けてしまうことがあります。
外からは分からないため、まずはレントゲンで骨の様子を確認して治療方針を立てていきます。

 

◇被せ物の様子
歯と詰め物の隙間から細菌が侵入し、根っこで炎症をおこしたり、虫歯を進行させることもあります。
そのため、異常を感じなくても数年に1度は詰め物をした歯を点検することをおすすめします。
レントゲンで確認することで、スピーディーに検査をすすめることができるのです。

X線


近年は、インプラントの術前検査や経過観察などにレントゲン写真に加えてCTも使われるようになりました。
レントゲン写真とCTは異なります。
レントゲン写真は2次元的な画像しかえられないので、歯や骨の厚みや奥行き、内部の状態はわかりません。

 

一方、CTは、物体の断面をみることができるので、歯や骨の3次元的な状態を把握することができます。
そのため、インプラント治療をより安全に行なうためには、CTから得られる情報が不可欠です。
パノラマレントゲン撮影だけでは知ることのできない、骨の厚みや形を、より細かく調べることができるからです。
その他にも、親知らずの抜歯や、歯の神経の治療の診断などにも有用です。
また放射線被曝においても、歯科で使われるレントゲン写真やCTの放射線量であれば極微量であるため、たとえ妊娠中であっても心配することはないとされています。

 

当院でも歯科用CT完備しております。
今までレントゲンで見えなかった細部までも、正確に確認する事ができますので、より正確で、より安全な検査・診断を行うことができます。

当院ではインプラント治療の患者さんには無料でCTスキャン検査を行っております。

お気軽にご相談、ご来院ください☆

 

◆3次元レントゲン(CT)

3CT

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2018.02.08更新

こんにちは、山中です。


夜間の歯ぎしりをする人の割合は8~16%といわれていますが、日中の歯ぎしり・食いしばりをあわせると90%近くの方がしている可能性があるという疫学調査もあります。
歯ぎしりをすることによりさまざまな悪影響があります。

 

歯ぎしりによって詰め物がかけたり、すり減ったり、さらに歯に強い力が加わると、歯が割れたりすることもあります。
また、健康な歯であっても、歯ぎしりによって歯が揺れたりすることもあり、歯を失う原因になることも多いのです。
顎の疲労感、開きにくい、痛みがある、いつも首が凝っている、顎、顔のゆがみやえらが張っているなどの症状がでることもあります。


歯ぎしりというと、寝ている時にギリギリやガリガリといった音がする者をイメージする人が多いと思います。
歯ぎしりは、様々な種類があり、顎を左右に大きく動かすグラィンディング、力が入るところで咬み込みを繰り返すクレンチング、顎を垂直的に動かすタッピングがあります。
音が鳴らない食いしばりもありますし、睡眠時の歯ぎしり、食いしばりは与える力は強大ですが非常に短い時間しかしないことがわかっています。
歯ぎしりは口腔異常癖と呼ばれており、無意識のうちにやってしまっている行動なのです。
つまり、自覚せず、気づかないことがとても危険です。

歯ぎしり


一番多い原因としては、心因性、ストレス性のものです。
また、力仕事をされている方やスポーツ選手、日常から食いしばる癖がある人ほど寝ている間も同様の現象が起こっている可能性が高いのだそうです。
自分でコントロールが不可能な歯ぎしりの場合には、歯科医院で就寝時にはめるマウスピースを作ってもらい、歯へのダメージを防ぐようにしましょう。

 

昼間の歯ぎしり・食いしばり対策としては、まずは、気づくことです。
仕事に夢中になっている時など、しっかりかみ締めていないかどうか、自分で意識してみましょう。
普段、日中は舌を上あごに添わせるようにして上下の歯を触れないように口を閉じていれば問題ありません。
もし食いしばりに気づいたら顎の力を抜いてストレッチングをしてみましょう。
日頃から力を入れすぎないよう、顎をリラックスさせて過ごしましょう☆

 

お口の健康で気になることがありましたら、お気軽にご来院ください。

スタッフ一同お待ちしております。

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科