玉川学園駅前ファミリー歯科ブログ

2017.07.24更新


こんにちは、山中です。

普段気にすることのない唾液ですが、健康な人で1日に約1.5ℓ分泌されると言われています。

唾液には、健康に関わるさまざまな働きがあります。
例えば、食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくしたりする働き。
それから、口の中の汚れを洗い流す、酸を中和して口の中を中性に保つ、細菌の繁殖を抑える、再石灰化によってむし歯を防ぐといった、口の中を清潔で健康に保つ働きがあります。

唾液のはたらき

唾液の分泌は、夜寝ているときに少なくなります。
夜間に口の中で細菌が繁殖しやすく、朝起きると、口の中がネバり、口臭が気になったりしがちです。
そのため、就寝前にはよりていねいなケアを心がけることが大切です。

また、唾液の分泌量は、ストレスや疲れ、加齢、薬の副作用などで減少することもあります。
唾液が出にくいときは、食事の際にはよくかむようにしましょう。
さらに、唾液腺のある場所を軽くマッサージしたり、舌を意識的に動かしたりすることも、唾液の分泌をうながすのに有効です。

 

マッサージ

かむことは、人間の健康にとって、とても重要です。
まず、かむことによって、唾液の分泌がよくなります。

食事をするたびにお口の中は酸性になり、歯の成分が溶けだします。

しかし、唾液の働きにより約40分間でお口の中は中性に戻り、歯の成分も元に戻るといわれています。
つまり、唾液には、消化を助け、口腔内を清潔にする働きがあります。
ところが食事回数や間食の多い人では、お口の中の酸性状態が続いてしまします。。

食事や間食を制限し(ダラダラ食べをやめましょう)、時間をきちんと決めことをおススメします!


日ごろからよく噛むことを心がけましょう☆

唾液の働きをより効果的に引き出すためにもブラッシングも忘れずに☆

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2017.07.21更新

こんにちは、山中です。
今日から上の子が夏休みに入り、下の子も明日の夕涼み会が終われば夏休みスタート。

慌ただしい毎日になりそうです。

もうすぐ本格的な夏がやってきますね!

皆さまは、夏休みのご予定は決まりましたか?

 

日ごろはなかなか歯科治療の時間を作れないという声もよくお聞きします。

だからこそ、時間が作りやすくなる夏休みは歯を治すチャンスです。

定期的に歯医者さんで検診を受け、なるべく早めに症状の進行を食い止めることが大切です。


我が家では長期お休みの時、子どもたちはフッ素塗布に行っています。
いつ行ったっけ?と考えることなくお休みの恒例行事にしてしまえば、塗り忘れもありません。

歯の溝にはシーラントもおススメですよ。

 

当院は8/9(水)~11日まで休診させていただきます。

それ以外は通常通り診察しております。
お口の健康で気になることがありましたら、お気軽にご来院ください☆

 シーラント

 

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2017.07.18更新

こんにちは、山中です。

歯周病は初期段階で気づくことで、自宅での「セルフケア」で改善できます。


◇セルフケアでできることとは…

歯周病の原因は歯と歯ぐきの境目にたまった歯垢の中の細菌です。
よってこれを確実に取り除く「プラークコントロール」を修得することがとても大切です。
プラークコントロールの基本は毎日の歯みがきです。
以前の記事「正しいブラッシング」ご参考にしてください☆

 

歯と歯の間、歯の一番奥の部分、被せ物やブリッジが入っている部分など、歯ブラシだけでは汚れが取りにくい部位があります。
そんな場所には歯間ブラシ、 部分みがき専用歯ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)を使うことをおススメします。
これらの歯ブラシや補助清掃器具の選択法、正しい使用法については、歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。

フロス

歯磨き以外にも次のことで歯周病のリスクファクターを取り除くこともできます。

◇食生活に気をつける
だらだら不規則に食べない。歯垢のつきやすい甘い物、軟らかい物の過剰摂取に気をつけましょう。
とくに夜寝る前に甘い物を食べたり飲んだりする習慣のある人は歯周病が進みやすいことが分かっています。


◇喫煙をなるべく控えるかできれば禁煙する
喫煙は歯周病の進行を急速に進めることが分かっています。


◇鼻呼吸を習慣づける
口呼吸になっている人は細菌数が多くなっています。

 

◇かみしめ、食いしばりをやめる

歯や歯ぐきを痛める事があります。


◇歯科で定期的に歯石を除去してもらう
不安な場合は歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらい、磨き残しの部分をきれいにしてもらうこともできます。
「予防歯科」といって、定期的に歯や歯茎の状態をチェックしてもらうことにより、虫歯や歯周病を予防することも可能です。
歯周病は進行すると治療も難しくなり、身体への悪影響も及ぼします。


一番大切なのはあくまでも歯みがきですが、頼れる歯科医院を見つけて定期的なメンテナンスもおススメします☆

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2017.07.14更新

こんにちは、山中です。

検査編につづき、歯科で行う治療についてお話します。

 

◆歯周病はどうしたら治るの?
歯周病の原因は、歯と歯ぐきの境目にたまった歯垢の中の細菌です。
基本的な治療の流れは、検査→歯石除去などの治療→検査→治療を、歯ぐきの状態が改善するまで繰り返します。

 プロケア

セルフケアとプロフェッショナルケアが必要です。
患者さんと歯科医師・歯科衛生士が協力しあうことが大切になります。

セルフケア

当院も患者さまお一人おひとりにあった最適な治療をご提案させていただきます。

また定期的なPMTC(プロによる歯のクリーニング)をおススメしてます。

虫歯にも効果的ですよ☆

ホームページもぜひご参考にしてください。

 

PMTC

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2017.07.10更新

こんにちは、山中です。

前回お話した歯周病…

歯周病は、日本人の成人の80%が感染しているという報告もあります。
歯周病の主な原因は、お口の中にいる細菌で、うがいだけでは除去できません。
また、きちんとブラッシングができていないと、歯垢や歯石が溜まり、その中にいる細菌が繁殖して歯肉に炎症を起こします。
さらに進行が進むと、歯を支えている骨まで溶かしてしまい、放っておくと歯が抜けてしまう怖い病気です。


◆◆◆あなたのお口は大丈夫ですか?歯周病チェック!!◆◆◆

□ ハミガキすると歯ぐきから出血がある
□ 口臭がする
□ 歯ぐきがブヨブヨしている、赤く腫れている
□ 歯ぐきから膿がでる
□ 歯がぐらぐらする
□ 歯ぐきが下がっている


自覚症状の少ない歯周病、少しでもあてはまる項目があれば歯科での診察をおススメします!


◆歯周病かどうかを調べるには??
さまざまな検査を行って、一本一本の歯の歯周病の状態を調べます。

検査

歯周病の初期段階の「歯肉炎」は、子どもを含むほとんどの年代の方に見られます。

歯肉炎をそのまま放っておくと「歯周炎」に進行します。

「歯周炎」は歯ぐきの状態が悪化し、歯を支える骨も破壊されるため、歯がグラグラと動くようになり、最終的には抜けてしまうのです。

少しでも腫れや出血があれば、歯科で検診をおススメします!!

治療編はまた後日書きたいと思います☆

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科

2017.07.06更新

こんにちは、山中です。
ここ最近雨の日や暑い日が続き、寝苦しい日が続いていますね。。
体調お変わりないでしょうか? 

 

食欲がない、身体がダルイ…「夏バテ」?!

 

実は夏バテは、歯周病にも影響を及ぼします。

それは、夏バテのため体の免疫機能が低下するからです。
そうなると歯周病菌などお口の中のバイ菌の活動が活発になり、歯周病の症状が出やすくなるのです。

歯周病になると、歯茎の赤みや腫れ、出血、口臭といった症状が起こります。
症状が重くなった場合、歯を支える骨が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまうこともあるのです。

歯周病

 

一般的な歯周病対策はブラッシングになります。
でもこの夏バテには、、“外側”からだけでなく、免疫力を高める“内側”からのケアも必要になります。


◆夏バテを防ぐためには・・

・喉が乾いてからではなく、定期的(1時間に1回などと決めて)に水を飲むようにする
・部屋の外と中との温度差が一番夏バテになりやすいので、冷房はほどほどに(設定温度を高めになど)
・冷たい飲み物が欲しくなったら、ジュースを避けて、なるべく水またはお茶にする

・しっかり睡眠をとる
・夏野菜を十分に摂って、水分、ミネラルおよびビタミンを補給する

 

夏バテしないように気をつけて、暑い夏を乗り切るためにしっかりと栄養+水分補給そして、

お口のケアもしっかり行いましょう☆

投稿者: 玉川学園駅前ファミリー歯科